呑み会始め

ええ、「歌会始め」ではありません(笑)

日付遡って、昨日(という内に、また日付変わってしまったので正確には一昨日)のことでしたが・・・

数年来の親友であり、お互い酒好きなこと知っていて「呑みたいよね~」と言いながら、中々お互いの都合が合わず実現叶わなかったその会が、この年明けに奇跡的に日程が合い、「さし呑み」で昨夜実現!

いや~、呑みました。この凍りつくような寒さの中、お互いビールジョッキ6杯!(爆)
酒の肴は、利害損得抜きの、お互いの人生を豊かにするコトバの数々。

親友であり「心友」こそが、我が人生最高の糧!!!
それをあらためて実感出来、最高に幸せな「呑み会始め」でした。

ま、尤も、年明けから6日間、家で呑みっぱなしでしたけど(笑)
酒が旨い=心身共に健康!・・・持論です。


暮れの12月に10本こなした呑み会(それも2本断っての上で
その内3本が、所謂「さし呑み」(1対1)
その3本共が、自分が主導してむりくりねじ込みました。
全部、仕事絡みの繋がりではあるけど、そこでの話は、人生訓だったり、仕事の理念だったり、家庭の話だったり・・・つまりはお互いの人生の「プライスレス」の糧の交換。

で、勘違いして欲しくないのは、「そこに酒の力を借りて」という考えではなく、それを肴にすることによって、酒が更に美味しいモノになる。より「百薬の長」になるという発想。

若い頃は、何が動機でもいいから、人が集まって「呑もまい!」と言えば、それなりに楽しかった。
でも今は、もうそういう呑み会は「ゴメンなさい」で。
その時間も酒もトレーニングしてる自分の身体も勿体ないので。

大勢で呑む酒は、みんなで何かをやり遂げた後、共通の目的を全力で達成した後の酒でありたい!
そういう酒は、×人の数、いや、それ以上に美味しい!


私ごと・・・ああ、去年9月に、またまた例の如くぶっ壊れまして(苦笑)それが今までの中でもかなりキツい方でありまして、勿の論でお人には極力会いたくなくで。
でも、神様はちゃんといてくれて、あるきっかけで底を蹴り上げることが出来て、そこからは驚くほどのV字回復!
自分でも驚くほど、何もかもが川を猛烈に逆流する満ち潮の如く、背中から猛烈に吹き付ける追い風の如く。

自分の中で、「この時間がいつまで続くか分らないから、せめてその間は自分にとって大切な人と可能な限り積極的に濃く関わろう」と決めたのでした。

その流れのまま年を越しての昨日。
その流れが途切れずに、年の初めを飾れたことが、凄く嬉しかったのです。


そんなこんなで、年明けから1週間呑み食い倒した後の今日は恒例の「七草粥」で胃を休め、また呑んどる(爆)

さてさて、2015年第2弾は、誰とさし呑みやろっかな~・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック