誓いの11キロ

ここ数日、実に個人的な悩み事でweb上を汚しました。

その具体性を中途半端に伏せた記事では、「何がどうなって、yasuが何して、実は何が悪くてどうなったのか?」が何ひとつ理解出来ないであろうにも関わらず、気にかけて頂き、ハゲコメの数々、本当に有難くて涙が出そうになりました。


相手のあることなので、やはり具体的に書くことは出来ないのですが、自分にとってとても大切に築き上げてきた人間関係を、自分の衝動的な行動でぶっ壊してしまいました。

が、それのそもそものきっかけになったのは、相手を思うが故の忠告。
それが、相手との関係の中で、自分しか気付き得ないものであり、自分しか忠告出来ないものだとの信念がありました。自問自答する間もなくそれが「正しい」と。
たとえそのことで相手に遠ざけられようと「伝えなきゃならない!」と思いました。

が、その思いが強過ぎたのと、それに加えて、そこまで3日間まともに眠れてなかった精神状態が冷静な判断を見誤らせ、伝える手段において最後の詰めの段階で、暴走機関車になってしまいました。
それにより、相手のココロを閉ざしてしまい、自らが身を引かざるを得なくなりました。

今冷静に振り返れるようになって、明らかな暴走行為でありました。
そこまでがどんな経緯であろうと、そこに100の正当性を並べても、自分の非です。
それをこれ以上伝える手段のない中、詫び続けねばなりません。

そんないきさつでありました。そして今に至っています。





さてさて、ハナシ変わりまして・・・

今日、知人を介して紹介してもらった、とある会社の女性オーナーさん。

こんな生き方してる人と初めて出会ったー!

もう兎に角突き抜けて自分を生きている人。
出てくるコトバ、態度、全部本音!

自分から見て「正しい>間違ってる」「好き>気に入らん」「必要>どーでもいい」

それを全くぶれない基準として筋を通して生きている人で、相手の筋が通らないと見るや否や、相手が偶然出会ったオッサンであっても、10年来の付き合いの友人であっても、取引先の相手であっても、全く同じくバッサリと切り捨てられる人。

「友達なんて、そんなに沢山作る必要ないのよ。あたし、別に友達いらないし、人によく思ってもらおうなんて思わずに生きてきたの。そうしたら、幸せなことにいっぱい友達に恵まれちゃって。」
「あたし口悪いでしょ、誰に対してでも。でもそうすると誰かがフォローしてくれるの。『この人口悪いけど誰に対してでもこういう人だから。でも、言ってること全部本音だからね』って」(笑)

徹底的にブレない生き方してるから、人がちゃんと繋がってくるんだって。

しかし、この人を紹介してくれた知人といい、その交友関係のキャラの濃さといったら・・・
ちと引く

聞けば、波乱万丈の人生。だからこの生き方してくしかないって行き着いたんだって。

「本当の孤独ってそういうもんですよね~!」と意気投合。

別に今自分がこういう状態だからって紹介されたワケでもないし、こういうハナシになったワケでもないし、これもまた必然の縁。

還暦を迎えられたとは思えないその溢れ出るエネルギーに圧倒されながらも、気が付けば自分の中の「本音」が次から次に引き出されました。

仕事の話はものの10分で終わったのにも関わらず、訪問先の玄関を出たときには3時間が経過していました。


いくらそれが自分の中でのものであっても「正しい」ものは「正しい」
それが時によって、相手によって変われば、それは相手にとって誠実ではなくなる。

そんな生き方、勢いをつけてもらいました。

勢いのついた帰宅後、久々11キロのランニングに!

今回の件で砕けて散らばった自分のカケラ拾いながら・・・
そして、何が正しくて何が間違ってたか自問自答しながら。

その正しい判断なくして、先には進めないので。

自分自身、まさかこんなに早くそこまで復活するとは思いませんでした。


走り切って爽快な頭になっての結論。
当初自分の中に抱いた信念は、やっぱり「正しい」でした。
相手に対して忠告すべきことは、絶対的に正しかったと確信出来ました。

そうでなければ、その相手に対してこれまでに接してきたことが全部ウソになると思いました。
相手に対しての思い、贈ってきたコトバ、してきたこと、全部ウソになってしまうから。

ただ、間違ってたのは、その伝え方において、相手との関係に対する過信を超えた盲信があったこと。
これに関しては猛反省を続けねばなりません。


そして、絶対にこんなことで終われる関係じゃないという確信!
終わりたくない!
いや、終われるか!
だって、自分にとって「大切」だから。

もし、「忠告」で切られるのなら、そこまでの関係。
でも、絶対にそうはならない!という確信があります。

今まで以上に相手を、そして自分を、バカ力(ちから)で信じ抜いたろうと思ってます。

だから、その解決の糸口を探すために全力を尽くしたい。
今は、相手を思い、ひたすら雪解けの時を待つ!それしか出来ません。

今は相手にその詫びすら伝える術がありませんが、いつかいつの日か、雪解けの時を迎えることが出来たなら、胸一杯のお詫びの気持ちを伝えた上で、自分の中の「正しい」を今度は誠意をもって伝えさせてもらいたい。そして、あらためて「本音」での付き合いをさせてもらえたら。


それが叶うことを夢見て、前を向いて走り出そうと誓った11キロでした。

この記事へのコメント

2013年01月30日 04:37
ありがたいねぇ~、みんな心配してくれて。
こんな時間なのに、もうカウンター7も回っとるが。
言うまでもなくオレが2回、回しとるがな。
このコメ送信したら都合3回になるんかな?
ちあ吉
2013年01月30日 13:19
走るのっていいよね!
私なんか大変な時しか声かけないけどさ(笑
人間関係は腹6分目っていうけど
「突き抜けちゃったもん勝ち」だなあと思う今日このごろ。
今回の人とは合わなかったから付き合うと大変だったかもよ。
ダンナといいコンビだね~
2013年01月31日 00:39
>ダンナ
いや、ほんっと~に有難い!>含むあんたw
「こんな時間」にチェック&コメさんくす。
で、カウンター7回の内、わちきが何回回したかは内緒にしておこう~w

>ちあ吉さ
走る最強!息苦しくなって、兎に角呼吸に集中してると、精神的にツラいことは瞬間どーでもよくなる!
大変なときのコメこそ、嬉しいじゃんね。それって、いつもちゃんと繋がってるの証だから。

で・・・

いやあのね、今回の人は、今までの関係の中で「合う」が前提なワケで。
だからこんなことがあっても「繋がっていたい!」と思える関係であって。
何か、読み取ってもらいにくい文面でしたかね?
ま、行き着くところ「突き抜けちゃったもん勝ち」だから。
絶対に突き抜けちゃる!

ダンナとは・・・以下自粛w
のー
2013年01月31日 20:59
おやおや、明日からいよいよキャンプインだし、愛すべき仲間たちは
どうしているかとのぞいてみたら・・・。
色々考えた末、とにかく親方が方向性を見つけたからもう大丈夫だね。
忠告しなかったことを後悔し、自分に嘘をつきながら
付き合っていくよりずっとよかったんじゃない?
人生、一人で生きてくわけじゃないからいろいろあるしね。人間だもの。
キャンプも始まることだし、また私たちと突き抜けた応援しなくちゃ。
2013年02月01日 01:07
>のーさん
ジョイナスだで、突き抜けた応援が出来ないことが、またストレスで(笑)
で…?ウチには?
2013年02月01日 23:41
>のーさん
お久しぶり!
覗いてくれて、コメントくれてありがと!です。
そして、背中を押してくれるコメ・・・
仲間だな~^^
「突き抜けた応援」ね・・・
来年出来るといいね~(苦笑)

>ダンナ
大ベン・・・じゃなかった代弁さんくす。

この記事へのトラックバック