開幕前夜

いよいよ明日、2012年プロ野球開幕です。

そんな前夜、テレビ朝日系「報道ステーション」見て唖然としましたわ。

「パリーグ6球団監督に工藤公康が生中継直撃 番組内でスタメン発表」
と題して、全国3ヶ所に対戦ごとに2監督ずつ待機させての生中継。
その中で明日のスタメンを発表させ、開幕投手指名や開幕メンバーについてその意図を明かさせるという内容。

その質問に、日ハム栗山新監督が開幕投手・斎藤の意図についてペラペラと喋くりからかしてる。

おいおい!一体何をやっとるんだ!!

目の前には明日対戦する敵将がいて、TVの向うには敵味方全選手がいる。

一体誰のため?
ファン?選手?

いや、単にマスコミのご機嫌伺いのためだけだ。更に言えば、キャスター古館のエゴを叶えるため。

その古館、千葉ロッテ・西村監督に対して執拗に「明日、楽天・田中投手攻略の秘策を教えて下さいよ」とふやけ切った顔で迫ってた。
答えれるかっつーの!!!

更には、番組内で飛び交う「ナベちゃん(渡辺監督)」「まークン(田中将大)」という馴れ馴れしい呼称に虫唾が走った。


落合前監督が、今年のトークショーで
「マスコミはプロ野球を見捨てたんです。特に在京のが」
と言われていた。
地上波中継の激減や取り上げ方に言及してのこと。

その「見捨てた」マスコミが、あたかも「プロ野球盛り上げに一役買いましょう」とばかりにこんな愚か極まりない企画を持ち込む。
それに乗っかる球界に、救いを見出すことが出来ない。

何故毅然と、その高き本質を守り通すことで、お互いを高め合う関係を求めない?



明日行われるのは、エキシビションマッチではない。
野球人にとって正月とも言えるべき、開幕戦だ。

そのスタメンを前夜TVショーで発表し、その意図を明かす。

それはまるで、発表前の東野圭吾の新作のあらすじをTVで証し、その謎解きを垂れ流すことに異ならない。

こんな興ざめ極まりない行為のどこにファンが喜ぶ?


つくづく、セリーグ編がなくてよかったと思う。
我がジョイナスが何喋くりからかしたかと想像すると、冷汗モノ。


「浅く、薄く、軽く」という時流に徹底して抗った8年を、容易く「無」にして欲しくない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック