「予告先発」に噛み付く

久々にプロ野球ネタです。

阪神が噛み付き、やれやれ見送りか~と安堵していたセ・リーグの予告先発が、急転直下で採用決定

アホかいっ!!!

賛否両論、あって然り。
先発投手予想して、球場での先発バッテリー発表に一喜一憂するところから観戦が始まる自分は大反対だけど、賛成派の説く論の中に「一理あり」と思うものがなくもない。

何がイカンって目先主義に始まって、結論に至るまでのその過程。

最も虫が好かんのは、「ファンの為に」という陳腐な大義名分!


だったら、パ・リーグが採用したときに同時採用しておけよ!っちゅうハナシ。
あのとき、「不人気の哀れなパ・リーグがなりふり構わん策に出よったわw」と、余裕ブッこいて天に向かって嘲笑ったときの唾を、顔面に浴びまくったのを拭いもしない恥知らず共の愚行としか思えない。

「ファンの為に」と言い切ったのならば、万が一のアクシデントで予告先発投手が登板出来ない事態になったときは、全ての払い戻し要請に応える覚悟でなければならない。

ま、そんなこと天地がひっくり返ったってするワケないが。
明け透けの本音は、言わずもがな「手っ取り早く入場収入を増やしたいから」なのだし。

そこに目的があるのだから、下手したら現場に経営陣から圧力が掛かる危険性がある。

「エースのローテ間隔を開けるな」
「谷間なら負けてもいいから話題性のある投手を先発させろ」

対戦相手にだって、人気投手を先発させることを要請するかも知れない。

何だか現場は軒並み制度に賛同してしまってるようだけど、そういうことを含めて様々な弊害を想定していないのだろうか?


そして、何が情けないって、こともあろうに我がドラゴンズがいち早く賛同の立場を取ったこと

ジョイナス高木「ウチは気にしない」
権藤「いいんじゃないですか。逃げも隠れもせず、正々堂々。導入してもこのチームはそんなに変わらない」


何を思い上がっているんだろうか?
権力と財力思いのままに補強重ねる巨大勢力に、知力と人間力の限りを駆使したからこそ、対等以上に張り合ってきた8年間。

真っ向からぶつかって、勝てるもんなら勝ってみせやがれっ!

そもそも報道によれば、制度導入の仕掛け人は、その巨大勢力率いる原監督だというではないか。

あ~~~、思うツボやんけワレ。


大体、ヨミ売にしても、中日にしても、自分のとこしか考えてない論に腹が立ってしょうがない。
球界全体への影響を考える姿勢が、そこには微塵もない。
嗚呼、ついに我が愛するドラゴンズも、ジョイナスの呪文の元、ヨミ売と同族に成り下がってしまったのかと、落胆の極み。


各球団監督が、「ファンの為に」というコトバに牛耳られる中、流石はオリックス・岡田監督
「全然面白くないわな。(1年間の)テストいうてもパは現実にやってるんやから。すごいことやで。変わるんやから。落合監督が辞めたからな。落合監督なら絶対に反対やで」

間違いなく反対してただろう。
厳密に言えば、制度そのものより議論の仕方に。
制度自体が、球界や選手にとってよりメリットの大きいものであり、筋道立ててきちんとした話し合いがなされれば、賛同するかも知れない。
そして決まったことには従う。
もしそうなったら、その制度の中でまた合法的な抜け道を考え抜いて、物議をかもしただろうけど(笑)


岡田監督に対して、何とも「あらあら」な楽天☆野監督のコメント
「何でもやってみたらええんや」

・・・・・・



もうひとつ、言っておきたいこと。

この制度導入は、「ファンの為に」を逃げ道にした現場の職務怠慢の助長に繋がるということ。


どの球団だって、主力投手が万全で投げられる試合ばかりではない。
そこを、どうやり繰りして、相手のローテーションも睨みながら、トータルで勝ちを拾っていくか?
スコアラー、首脳陣、選手、皆が洞察力やイマジネーション磨いての駆け引きこそが、「ベースボール」にはない「野球」の愉しみだ。

選手もファンも、「ベースボール」かぶれの一途を辿っているようで寂しい限りなのだけど、残念ながら日本球界でそれを目指してエンターテーメントになり得るには、まだまだ選手はフィジカルが遠く及ばず、ファンは幼稚過ぎる。

この機に声を大にして「野球を捨てるな!!!」と言いたい。


結局のところ、予告先発することによって、スコアラーの仕事が減らせる(スコアラーを減らすこと自体が目的でもあろう)先発陣のカモフラージュをしなくて済む。オーダーに苦慮しなくて済む。試合当日、少ない情報収集で臨めるなど、現場での労力が減るとあれば、そりゃ賛同しますわな。
マスコミだって、スポーツ紙の先発予想で恥かいて恨み節言わなくて済むようになるし。

現場に携わる人間が、どんどん頭使わなくて済むようになっていく。


そこに球界の成長をどうやって期待しろというのか!?







1年間のテストのあと、制度のあおりを食らって低迷した球団が

「観客動員に繋がったとは思えないので、来年以降の制度導入には反対します」

とか、まさか言い出さんだろうな~(笑)
言わんよね、原サン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2012年03月10日 22:54
同意。
頭を使うことを拒否し、ファンサービスの名の下に経費を削減かよ。
先発予想をただの「駆け引き」や「読み合い」と思っている馬鹿が多すぎるわ。
もちろんそれもあるが、ファンが相手チームの傾向や選手について学ぶことでもある。
そんなことも分からずに何が「ファンのため」じゃ。オタメゴカシもええ加減にしやがれ!
今回のことで、岡田さん以外の監督がいかにボンクラか、よう分かったぜ。
ジョイナスは論外。
2012年03月10日 23:45
もうな、いっそのこと先発だけじゃなくスタメンやら中継ぎやら予告すりゃいいんだわ。得失点も勝敗も(笑)
2012年03月17日 00:32
>師匠
本当に「ファンのため」のことなら大いに結構!ですが、あやつらにとって実に都合のいい「当てがいフレーズ」でしかないですからね。
プロ野球の本分をシャビッシャビに薄めて、幼稚化するファンに同調してヤレヤレじゃ、破滅の一途ですわな。
尤も、球団経営に携わってる一部の人間が、プロ野球存続に情熱のカケラも持たぬこのご時勢では、悲しいかな当然至極の流れではありますが。。。

>ダンナ
それこそ、他のスポーツの追随を許さん新しさだ(笑)
ブックメーカーや、その筋の方が廃業になってまうが

この記事へのトラックバック