1ミリの違い、1グラムの違い

2つ取って、あと2~~~つ!!!


たまらんっ!たまらんっすね!!!

That’s Dragons!
レギュラーシーズン終盤、驚異的なペースで勝ち上がってた頃と全く同じ野球で連日の延長戦を制しました。

6回まで1安打上等!
ワンチャンスに、マークが薄くなった平田がガツーンとかまし
吉見はランナー背負っても動じず
浅尾は追い付かれても、決してリードは許さず

そして大詰め終盤、執念で出た荒木が、美しすぎるヘッスラで決めた決勝点!!!


何と、去年から通算すると、ドラゴンズは4試合連続の延長戦。
HNK-BSの中継でのコメント
「中日は野球が好きなんですね~」<ナイスコメ!

去年は、その前に千葉でも激闘延長戦ありましたからね。

そのお陰で、チームがそういう重たく痺れる展開に順応してるのを感じました。
それは我々ファンも同じ。
去年、まるで身体に鉛がまとわり付いたかのような気持ちで見させられたお陰で、延長入ってもどれだけ気持ちに余裕持って見られるか。
延長10回なんてまだまだ序の口~な感じで。


そんな中で、「今日のまさか」は・・・

昨日はからっきしノー感じだったデーブ森野の突然の覚醒!

これは全く占えませんでしたわ。
これはそれだけソフトバンクにも痛いダメージを与えたと思います。


ここで、~今日のわちき的験担ぎ~

今日のランチは、チビ助のリクエストに応えて「回転寿司」
マグロやらイカやらアナゴやら、後から思い起こしても森野の活躍を暗示するもんはなかったですね~^^;
っつーか、食べた時点で何も予感に繋がるものがなく。
その後、あまりに天気がよくて気持ちがよかったので、家族で「愛知牧場」へ。

ここで、昨日からっきしだった荒木谷繁に念を送るべく、馬と牛に檄を飛ばす(爆)

で、こういうところに来ると、四つ葉ハンターの血が騒ぎ(笑)

今日のラッキーアイテムは~~~?(D-ステのパオロンみたいだなw)

画像

5本げと
これが勝利呼んだ!

あと2つ取るまで、あらゆることに念を込めたいと思います。




さてさて、どーせ明日話題になるでしょうが、落合監督が内川のバットにクレーム付けた件に触れときましょう。

自分、今季ホークスの試合は、交流戦もその後のパリーグの結果なんかも殆ど映像で見てなかったんです。
で、昨日の初戦でTVに映る内川のバット見て、「は~~~?」と思った次第。
プロ野球選手にとって、バットの感覚ってミリ単位、グラム単位ってハナシは常識ですわね。
トップ級の打者になれば、グリップ1ミリ削っただけで違和感に気付くそうです。
それが、こともあろうに、パ・リーグの首位打者獲った打者のバットに無造作に巻き付けられたテープ
幻滅しましたわ。
現役時代、その感触を大切にして極力素手でバット握った落合監督からすれば、信じられない愚行に映ってるでしょうね。
プロ野球でバットのグリップにテープ巻くなんて、ピッチャーだけだと思ってました。
それがよく見れば、多村のバットにもテープが

ここで露わになる、落合竜が実践してるのとは次元の違う大雑把な野球。

1グラムへのこだわり、1ミリへのこだわり。
髪の毛1本でも上にいることを目指してきた落合野球。
それがどれだけ大きな差なのかを思い知らせるシリーズになりそうです。

そんな次元に敵が全く及ばぬまま、このシリーズ決着付けたりましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2011年11月14日 12:07
あ、有名な話を思い出したぞ。
その昔、人間国宝級のバット職人さんにクレームつけて、のけぞらせた打者がいたらしい。測ってみるとコンマ何ミリか太さが違っていた。職人さんは返品されたバットにその打者のサインを入れてもらい、自戒と打者へのリスペクトを込めて保管した。

その打者から見れば、「おい内川、おめー大事な道具に何やってるんだよ」と。
まあ、確かに次元の違う話ですわな。
夢酒
2011年11月15日 12:26
書き忘れたわ。
つまり、内川の行為は精魂込めてバットを作ってくれる職人さんにも失礼な話だってこと。
ちなみに「その打者」は今、うちの監督をやっとる訳だが。(←蛇足)
2011年11月20日 01:33
>師匠
あやつらの切ないバットを見るにつけ、海の向うの「ベースボール」とやらにうつつをぬかした選手が増えた世相を嘆くyasuであります。
身の程知らずが!
あれは、大陸生まれ大陸育ちのワカチコ野郎どもが繰り広げる肉弾スポーツであって、あやつらがおんなじノリでやったとこで、リトルリーグ程度にしかなれないっちゅうのに。
日本がWBCに勝てたのも、イチローが成功したのも、この美しい島国で産まれた「野球」を極めて戦ったからこそ。
わちきは、その「野球」の神様を冒涜するような見苦しい愚行が許せんのですね。
そんな寂しくなった時代に、「野球」の砦を人生賭けて守ろうとする落合監督に心酔し、是が非でも勝利でその正しさを証明して欲しいシリーズでもあります。

にしても、内川は見事に下品な選手になったと思います。
何か守備見ててもムカつきますわ。
「おめーグラブにまでインチキしとれせんか?さっきまでクッチャクッチャ噛んどったガムでも貼り付けとれせんかや?」と思ってまいますわ。

この記事へのトラックバック