全く今更ですが。。。WBCのお話しです。

WBC日本代表(どうも「侍ジャパン」という商業的な呼び方が気に食わん)が世界連覇しましたね~。

いつのハナシだということは置いといて・・・^^;


因みに自分、WBCは完全に引いて見てました。ドラゴンズの選手が出てなかったからではなく、やっぱりメジャーリーグ機構+読売新聞社の多大なエゴによる、現場をないがしろにしたこの大会は到底肯定する気になれなかったんですね。

が、そもそもプロ選手が参加すべきでなく、しかもシーズン真っ只中に、エゴの塊であるインチキ侍監督に率いられての忌まわしき北京五輪と比べれば、そこには国を代表するプロフェッショナルプレーヤーがプライドを賭けて戦う場としての意義がきちんと存在したという意味で、WBCは一定の肯定が出来る大会ではありました。

ま、そのメジャーリーグ機構のエゴが、選手のエゴに敢えなく押し切られ惨敗したアメリカには思いっ切し笑いましたが。。。

そんなこんなで、日本代表の全ての試合は見ていませんが、ここ1番の試合はやっぱり気になったし、決勝は可能な限りリアルタイムでTV観戦しました。


決勝~それは、球史に残る名勝負でしたね。ドラマ以上の筋書き。
この大会を通じて日本と韓国の対決は、見事がっぷり四つの実に見ごたえのある戦いだったと思います。
世界に誇れるアジアンベースボールでした。

そんな中で何が嬉しかったって、「日本野球」が世界を制したということ。
韓国の野球も、スピード&パワー、そして何より勝利に対する闘志に溢れた素晴らしいものだったけれど、そこにはどうしてもアメリカナイズされた「ベースボール」の匂いを感じてしまったんですね。
それを理詰めで緻密な「野球」が制したことが痛快!だったワケです。

結果としてみると、今回のメンバーは、その「日本野球」を体現するのに実に適役ぞろいだったのだなーと思います。
メンバー選出には、実際かなりの紆余曲折がありましたが、結果このメンバーになったことが幸運でした。


そしてもう1つ良かったのが首脳陣。

今回あらためて痛感したのが、原辰徳という人間は、本当に幸運の星の下に生まれたのだなーということ。
Gの監督でもそうだけど、普通あの采配で優勝はありえないと思うのです。
が、何だか不思議な力に導かれるかのように機能してしまう。今まで何度そんなことを感じたか。
今回のWBCでも、???と思う采配が随所にありながら、例えば左投手に対して敢えて立て続けに送った左の代打がヒットを放ったり、続投厳しいだろうと思った投手が見事抑えてしまったり、そんな「結果オーライ」がいくつもありました。
この辺りに、長嶋茂雄譲りのモノを感じるんですね。

が、こうと決めたらぶれなかった選手起用に関しては、それが勝因だったと大いに評価したいと思います。
最終メンバーの選定、イチローの使い方、4番打者、投手の役割分担などなど。

その最たるものが、準決勝からのダルビッシュのストッパー起用でした。
当然、藤川のプライドがあったワケですが、そこはその時点でチームに1つの方向を向かせていたことに加え、きっときめ細かい心配りがあったのでしょう。
決勝の9回、ダルビッシュが打たれて追い付かれても、10回に走者を出しても、ブルペンで藤川を投げさせなかった覚悟には大拍手です。
それをやってしまったら、どちらにとってもよくないことですから。
大会を通して、腹に覚悟の座った首脳陣だったと思います。

そして贔屓目かもしれないけど、やっぱ山田投手コーチ高代野手コーチは素晴らしい!
そりゃ、○淵山○コージとは雲泥の差だって。

決勝の10回、イチローの鳥肌ぞぞぞぞーーーもんの決勝タイムリーのとき、何が見たかったって、腕をグルグル回す高代コーチ!
何で高代固定カメラがないんだてー!!!と叫んどったもん(笑)


そう言えば、我がドラゴンズから唯一参戦していたのが、ブルペンキャッチャーの小山良男。
優勝を決めた夜のスポーツニュースで、シャンパンファイトの後で「よっしーおっ」コールを受けて胴上げされる姿が!
そのシーン見て、「あ~、本当にいいチームだったんだな~」と思うと同時に、昨年限りで現役に別れを告げた小山クンの素晴らしい門出を祝福しました。


この大会を通じて、あらためて自分は日本の「野球」が好きなんだな~と痛感しました。
どうしてもメジャーに憧れを持てない自分。
これはきっと生まれ以った土着の感情なんでしょうね。
だからこそ、今回の世界連覇がたまらなく嬉しいのです。


さあ、間もなくシーズンイン!
我々ファンも、日本野球に誇りを持って!
大いに盛り上げようではありませんか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月31日 23:17
見たくもない大リーグ情報をほとんど見ずに済んだのでよかったです(笑)。D-STAGEで小山くんや高代さんのWBC裏話とか聞いてみたいかな。
ちあ吉
2009年04月01日 19:28
私も「侍JAPAN」っていうのに引いてましたよ。あのマークとかも、いかにも・・・だし。
試合やってれば観たけど、ドメさんと高代コーチに注目してました。

>ドラマ以上の筋書き。

ドアラ以上の筋書き、って読んじゃった(笑)
2009年04月03日 00:32
>オレドラさん
う~ん、D-STAGEよりも、ブルブルの輪に期待しましょか?(笑)

>ちあ吉さ
そもそも「侍JAPAN」って、負けたら切腹せい!っちゅう発想が前提にあったんちゃうか?とさえ感じてしまったわちきはヒネクレモノでしょうか?

≫ドアラ以上の筋書き
いや、ありえんっていう意味で使うなら、「ドアラ以下の筋書き」でしょ?(笑)

この記事へのトラックバック